Urakasumi Saura

享保九年(1724年)創業。以来奥州一ノ宮であり、1000年以上の歴史を持つ鹽竈神社の御神酒酒屋として酒を醸し現在に至る。日本酒は、2000年に及ぶ我が国の長い歴史と風土によって育まれてきた素晴らしい伝統の産物。浦霞醸造元佐浦 は、基本方針である『本物の酒を丁寧に造って、丁寧に売る』を軸に、じっくりと心をこめて醸した高品質な酒を誠実丁寧に、より多くの人々に豊かさや安らぎ、潤いを提供し、日本酒の持っている素晴らしさをより伝えることが出来ると考える。人々から信頼と支持を得る造り酒屋で有り続けるために、日本酒の味を磨き上げていくことに真摯に向き合い、高品質の酒造りに精進し続けている。昭和20年代から30年代にかけて浦霞の名を高らしめた南部杜氏の至宝平野佐五郎、またその甥で半世紀以上にわたり浦霞の酒造りを支えてきた名誉杜氏の平野重一は、各種の鑑評会で数々の受賞歴を有し、酒造りの歴史にその名を刻む。その酒造りは基本に忠実な丁寧な酒造りであるとともに、良いものであれば進んで取り入れる懐の深さでもあった。技術の蓄積と細心の努力により最高品質を目指す蔵。




Lorenzo Simonini
Lorenzo Simonini

著者



詳細検索→ 買い物かごは空です 小計 注文の注意事項 チェックアウト 続ける 追加する 買い物かごに追加する 商品左 商品左 売り切れ 利用できません