クールトレンド

日本酒バーの浸透は、世界のトレンディな都市において大変な人気となってます。いくつかの日本のレストランで食事の最後に提供されてきた低品質の喉を焼くようなワンショットアルコールたちの出番は終わりました。

欧州や米国はやっと、 この非常に洗練された繊細な飲料の本当の味と品質を理解し、高く評価し始めています。日本酒は、愛好家によって、ゆっくりと味わい楽しむものと評価され、最近では革新的なカクテルに使用されたり、最先端を行く人ならば、この日本酒ブーム、トレンドについてすでにご存知の事と思います。

フランス 日本酒バー革命

約50年前、フランスパリで最も人気なハイエンド地区5区の3 rue de la Valetteに、欧州最初の日本料理店「たからや」を芦部匠氏が開業しました。60年代に、レストランをオペラ地区へ移動し「たから」と改名しました。しかし、注目されなかったバーそして人気のあったバー(芦部氏オリジナルrue de la Valette spot)を含め、彼がビジネスを諦めた後でさえ、日本酒について注目される事はなかったのです。日本酒の流行は、まだ主流パリの料理シーンに馴染んで行く事もなくバーは昔の姿のままで、主に日本のビジネス客に利用されるだけでした。そして五十年後の今日、すべての高級ホテルそしてすべての高級日本料理店には現在、日本酒のメニューがあり、ワインリストに対抗する程に種類豊富な日本酒リストがあります。 芦部氏のオリジナルレストランのように、新たに復活した日本酒、現在では、非常に目を引くラベルを含む日本酒メニュー も存在しています。

三年前「たからや」は、新しいスタイルと名前と共に、最終段階に達しました。元「たからや」は現在「ソラ」という名前で生まれ変わりました。 Youlin Ly氏を新しいレストランオーナーに迎え、原点に戻り、現在の「ソラ」は、寿司と日本酒の欠かす事の出来ない、輝かしい人気の場所のひとつです。しかし、全ての酒初心者へと名前を挙げる黒田敏郎氏(酒機関ワークショップISSEを主催)は一般庶民向けけの「居酒屋ISSE」(居酒屋とは通常日本で日本酒を提供するカジュアルなバーのこと)を経営、 50種類もの日本酒を試すことができます。そして今後ヨーロッパにおいても、食事中に赤ワインを楽しむように、日本酒が様々な食事のお供となる事を私たちは確信しています。

詳細検索→ 買い物かごは空です 小計 注文の注意事項 チェックアウト 続ける 追加する 買い物かごに追加する 商品左 商品左 売り切れ 利用できません